帰省から帰ってきました

雪で中央高速がストップしていたために、なんと、かかった時間は13時間以上!

白虎隊の2日目で娘たちがどうしても見たいというので、いつもよりも早めに白虎隊の時間に余裕を持たせて出発したのですが、白虎隊どころか日付まで変わってしまってからの到着となりました。

それにしても、中央高速が通行できないと言うことは大変なことなんだと、思い知りました。

正直言うと、通行できないことはないはずだと思うのですが、復旧する気配もなくて、下道は大混雑!

こんなことなら北陸道から名神、東名と無難なコースをとれば良かったね。と、夫と話しました。

長野道も、妙高や白馬の辺りはキチンと通行できるのに、どうして豊科から通行できないのでしょう?
納得がいかないので、愚痴ばかりになりそうなので、このあたりでやめておきます。

いやあ、日本列島はホント様々なお天気があるんですね。

出発した金沢は、前日の夜から明け方までは雨やみぞれ、雷で大荒れでしたが、朝起きたときには雪も積もっていなくて、雨もそれほどでもありませんでした。

それが富山から山を登って行くとだんだん雪が増えてきて、スタッドレスタイヤをはいてはいるものの、上り坂で車が止まっては大変と、みんなでオデッセイを応援しながらようやく安房トンネルまでついたときにはホッとしました。

でも、安曇野のあたりや松本は本当に雪景色で、このまま何処までも雪景色が続くのかと思うほど(特に時間がかかったからね)。

まあ、そんなわけはなく、家に着いたときには真夜中にかかわらず気温が7℃もあることにビックリ。

雪の中では日中でもマイナス3℃なんて気温でしたからね。

家の周りにはモチロン雪どころか、雨が降った後さえなくて、気候の温暖なところに住んでいることに感謝しましたよ。

それにしても、我が家は娘が窓を開けっぱなしで大掃除するくらい今日も暖かかったのですが、あの雪の地域ではきっと今日も雪かきをしているのでしょうね。

本当にお疲れ様です。

さて、私も明日からは仕事です。子供たちの学校も始まるし、頑張るぞ~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする