保育園の個人面談

うちの子が通う保育園では毎年個人面談が行われます。

今年も行ってきました。

4番目ともなると、だいたい先生から言われる予想はつくもの。

まあ、予想通りという部分もあり、思ってもいなかったことで褒められたりもして、やっぱり、いろいろな子供たちと付き合っている先生という立場からの貴重な意見を聞けてよかったです。

ウチの4番目は家にいて、思い通りにならない時にはリビングの隣の部屋にすぐに行ってしまいます。
そしてその部屋の机の下に小さくなっていじけているのですが、やっぱり保育園でも同じようで、部屋のスミの決まった場所にくるまって呼んでも返事もしないし、みんなが歌をうたいだしてもそのまんまだそうで・・・。

そういうときにはしばらくして自分からみんなの中に入ってきたときに、みんながつまらない思いをすることや、自分も楽しい時間が過ごせないことを話して聞かせてくれているそうです。

そのたびごとに。

「それで保育園ではだんだんみんなのところに戻ってくるまでの時間が短くなってきていると思うので、今後も声かけをして、思い通りにならない時にも気持ちの切り替えがすぐにできるようになるように支援していきますね。」

とのことでした。

ホントにそのとおり。ウンウン。是非そうなって欲しいです。

ウチではすねて隣の部屋に行ってもほったらかしでした。
だって、机の下にいるときに声をかけても「キーッ!」
と奇声を上げて話しにならないし。

それに自分からチラっと戸をあけてこっちを伺っている時に声をかけてもまた「キーッ!」と机の下に戻っちゃうし。

ホントにいいかげんにしろよ。コラッ。・・・・って感じで、こっちも疲れるし、時間はかかるし。

で、ついついほったらかしです。

ヘタに声をかけるよりも、知らんぷりをしていた方がこっちの部屋に戻ってくるのが早いんだもん。
私も感情的にならなくてもいいし。

それにせっかく戻ってきたのに、また怒っちゃってあっちの部屋にまた行っちゃうのがイヤでねぇ。

後のフォローもしていませんでした。

が、これからはなるべく戻ってきてから、怒らないように気をつけながら諭していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする