ペルセウス座流星群

今年はペルセウス座流星群を見るのに好条件らしいですね。

子供のころ、部屋にあった小さな窓はチョット位置が高かったけれどその窓から外へ出ると結構広めの瓦屋根でした。

だから、夏でも秋でも結構夜に屋根の上に寝転んで星を見たものです。

そんな時、結構流れ星ってあったんですよね~(懐かしい)

でも最近はそんな屋根もなく、やたらと蚊の多いところに住んでいるので夜外に出るなんてもってのほか(特に夏は!)。

我が家の子供たち、きっと流れ星を見たことないんじゃないかな?

ペルセウス座流星群が12日(まさに今!)から14日に見えるようなので、さっき空を見てきましたが、残念ながら見えませんでした。

でも、13日の未明が一番見えるピークだとか!
13日は目覚ましを早くセットするとして、流星群なるものを見てみたいです。

流星関係のホームページをのせておきます。

流星をたくさん見るためのコツ

国立天文台、「夏の夜・流れ星を数えよう」キャンペーン

見る方向は北。カシオペアのあたり。
たくさん見えますように、そして子供たちにも見せてあげることが出来ますように・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする