今年も球技大会がありました。

毎年行われる子供会主催の球技大会が今年もありました!

去年は息子が小学校6年生で大活躍したので親の私も興奮して応援しましたが今年は3年生の娘だけが参加なのでのんびり見ることが出来ました。

というのも、我が家で球技が得意なのは息子だけなのです。

長女も次女もそして3年生の3女も球技(特にドッジボールが)大の苦手なのです。
だから大会ではもっぱら逃げ専門(*^-^*)

でも、子供会主催のドッジボールの場合、試合時間が決まっていて時間になったときのコートの中の人数が得点になるので逃げ専門でも逃げ切れればチームの得点になり、そればそれで娘たちもチームに貢献できるのです。

なので昨日も娘に逃げきって得点取るんだよ!  ・・・と送り出したのですが・・・

なぜかチームには外野になりたい子がいなくて娘は外野ばかり・・・
投げられない娘は外野ではチームのお役に立てません。ああぁ、どうして投げられる子と投げられない子ってこんなに違うのでしょうね!

そして午後の試合でようやく内野になれた娘はその試合で逃げ切ってようやくチームに貢献できたのでした。

チームの試合結果は5試合で5敗という悲惨なもので、午前中終わった時点で3敗して暗かった娘ですが、やっぱりチームに貢献できた午後の試合は気持ちがちょっと持ち直したみたいでした。

チームが負けても自分が貢献できたってことがやっぱりよかったのだと思います。

それにしても、なんとかボールをうまく投げられるようになる方法って、無いのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする