MT6のアップグレード忘備録

このサイトを始めた時にはブログって何?みたいなところがあったんだけど、今やブログどころかSNSやいろいろなネット環境が怒涛のように生まれて来て、私にはとてもついていけない(^^;

でも、細々とこのサイトを続けていきたいなぁと思っています。

始めたころはまだMT1.○○といった頃でしたが、今はもうMT6.0.4

アップグレードしようと思ってググってみても、ワードプレスネタはたくさんあるのですが、なかなかMT6ネタにたどり着かなくなってしまいました

私も他のサイトではWPを使っているのですが、このサイトではMTを使い続けたいな~

と考えています。

なので、次のアップグレードの時のためにアップグレードの仕方を書いておくことにしました。

だって、今回シックスアパートのMTのサイトを何回も何回も読み直して試行錯誤しちゃったからね、とりあえずこれだけやったらいいんじゃないの?って勝手に思ったことだけ書くから自己責任ってことで

私でもわかるMTのアップグレードの方法

  1. 私の環境ではバックアップを取ろうとしても「バックアップするにはテンポラリディレクトリに書き込みできなければなりません。TempDirの設定を確認してください。」とのエラーが出るので、バックアップを取る前に新たに/mt/tmp を作成する。
  2. 管理画面のシステム→ツール→バックアップで、バックアップを作成のボタンを押す
  3. バックアップで作られたファイルをFTPでダウンロードしてダウンロードした元の1でできたファイルはネット上から削除する
  4. 今使っているMTが入っているファイルと同じ階層にmt-newという新しいフォルダを作る
  5. 新しいバージョンのMTをダウンロードして今作ったmt-newフォルダに全部をアップロード
  6. 全部のcgiの属性を700(ロリポップ)に変更
  7. mt-config.cgiの属性だけは400に変更
  8. 今まで使っていたMTがmtファイルに入ってるとしたらフォルダの名前をmtからmt-backupとかに変更
  9. さっき作ったmt-newフォルダをmtに名前変更する
  10. mt-backupファイルから
    • mt-config.cgi
    • plugins/追加したプラグイン
    • mt-static/plugins/追加したプラグイン
    • mt-static/support
    • themes/追加したテーマ     をダウンロードしてmtファイルにアップロードする
  11. アップグレード前の管理画面のurlを開くとアップグレードするページが開いてアップグレードできる
  12. アップグレードで来たら下のファイルを削除する
    • mt-check.cgi
    • mt-wizard.cgi
    • mt-testbg.cgi
    • mt-upgrade.cgi
    • 新たに作った/mt/tmp の中身

大きな変更がなければこれでいけそうな気がするけど。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    続きがありませんがチュンちゃん死んだんですか?

  2. nami より:

    お返事がおそくなり申し訳ありません。
    チュンチュン、ちゃんと生きてます(#^^#)
    また今度更新しますね。