スズメの雛を拾っちゃった((+_+))

小学校の給食調理員をしているので小学校で雛をひろわないでキャンペーンのポスターを夏休み前に見ました。

ポスターを見た時には、(そうだよな~、拾っちゃダメだよね)なんて思っていたのです。。。

ところが一昨日、洗濯物を干そうと思ってベランダに出た時の事です。

ベランダの排水口のところにスズメのひながいました。
雛特有の鳴き声がまだまだ元気で、重そうな頭を持ち上げることもできない様子で一生懸命足をピーンと何度も伸ばしてお尻を持ち上げながら羽の生えていない羽をばたつかせていました。
まだ目も開いていないし羽も生えていないし、ほとんど生まれたばかりかな?って感じの雛でした。

すぐにキャンペーンポスターを思い出し、心を鬼にして、拾っちゃだめだ。って思ったんです。
その時の心境は・・

きっと拾ってもすぐに死んじゃうだろう。(実は何年か前にも同じようにベランダに生まれたばかりッぽいひなが落ちていて、拾ったのですが、次の日くらいに死んでしまいました)とか、
もし育っても親じゃないんだから飛ぶことも餌をとることも教えられないし、とか
ここで死ぬのもこの雛の運命だ、とか
自然のことに人間が手を出しちゃいけない、とかでした

なのでまだバタバタ必死に動いている雛に手を合わせて、「ごめんね、今度生まれてくるときには幸せになれるといいね」って祈り、夕方洗濯物を取り込むときには死んでいるだろうから、土に埋めてやろうと思って仕事に出かけたのです。

だって、この猛暑日の続く日に、ベランダで直射日光が当たらないとはいえ、絶対に死ぬと思ったのです。

でもね、、

夕方仕事から帰ってきて、階段を上がる途中から雛の鳴き声が聞こえたんです。

まさか生きているとは思っていなくて、死がいを処分する覚悟で階段を登ったのに。

でも、まだ信じられなくて、ベランダで鳴きながらバタバタしている雛を見たらもう、保護せずにはいられなくて・・ごめんなさい。な心境です。

それからは娘とネットで調べて水をやったり、餌をやったり。。

何とか今はまだ元気で餌を欲しがっています。昨日、最初は開かなかった目が少しづつ開く時間が伸びて、今日は餌が欲しい時には思いっきり目が開いています。

でもね、コレが正しかったとは思ってはいません。
もしも拾うならもっと早く、見つけた時に拾うべきだったと思うし。。

実は首がちょっと変なのできっと長生きはしないと思うんです。
最初に放置した時に変になったのかな。。
つくづく、人間って(私だけかも)勝手な生き物だな。と思いながら、餌をやっています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする