ハロプロエッグオーディション 3

10時集合と、ハガキにあって、9時50分に着いた私たちですが、オーディションまで、かなり待ちました。

10時集合の人は、11時受付開始だったらしく(10時少し過ぎくらいにオーディションが終わったと思われる子供たちがたくさん出てきて、始まったんだと思ったのは、9時集合の子たちだったのかな?)

その予定は30分遅れ、11時30分ごろにつんく♂さんの挨拶があり、受付が始まりました。
つんく♂さんの挨拶の中には、オーディションを受けるに当たっての助言もあり、それを聞いてから、長女は一生懸命になんて言おうか考えていましたね。(もっと早くから自己アピールぐらい考えておくものだよ~)

5秒くらいの自己アピールということで、何度か5秒数えながら聞いてみましたが、こんな時って、何て言ったらいいんでしょうねぇ。まあ、実際に話すのは長女なので、本人の考えた文章で、思ったことを言ったらいいと思い、たいしたアドバイスもしなかったのですが・・・

ちなみに、つんく♂さんの助言を、覚えている中で書いて見ますね。記憶力には自信はないので、間違っていたらごめんなさい。ってことで。

ハロプロのみんなは、とってもがんばっている、ただがんばります、というのではなくて、ハロープロジェクトに入ってどんなことを頑張っていきたいのか、例えば、○○のすごいファンで、○○のように頑張ります。とか、セクシーに頑張ります、とか、具体的にどんな風に頑張るのかを言って欲しい。
最後にカメラに向かって、自己アピールをする時には、眉が見えるように、前髪に気をつけたほうがいい。
くれぐれも、マイクに向かって言うのではなく、カメラに向かって言うように。

という感じでした。

それからやっぱり、15分くらい待って、ようやく受付の順番になりました。ま、受付は、もって来た書類をホッチキスでとめてもらって、受付番号をもらう、という、事務的なものでしたが、いよいよオーディションが始まるのかぁ、と、思いましたね。

コメント