ハロプロエッグオーディション 4

ハロプロエッグオーディション

オーディションが終わって、となりでやっていた、 愛・地球博パートナーシップ事業イベント モーニング娘。”熱っちぃ地球を冷ますんだっ。” 文化祭2004 に行って来ました。

朝、モー娘ファンがたくさん並んでいたアレです。
行く前から娘は行きたいと言っていたもので、オーデションの会場でもチケットを売っていたので、そこでチケットを買っていって来ました。

会場では、環境のいろいろな催しがあって、イベント限りのユニットのエコモニ(石川梨華ちゃんと道重さゆみちゃんのユニット)のミニミニライブがあったり、モーニング娘がクロモ二とシロモ二に分かれての、コントがあったり、環境クイズがあったりと、モーニング娘による、環境問題関係のイベントもたくさんありました。

長女はこういうイベントが初めてだったことと、モーニング娘に会えたこと、モー娘ファンのすごさ、などにとってもビックリして興奮していました。

私の感想は、といえば。
まあ、子供に喜んでもらえてよかったな。ということが1つ。
あとは、この環境事業だけど、家に帰ってから、主人が言うには、このイベントの2日間の動員がすごかったとか。この場合の動員とは、環境のイベント、ということでの動員だと思うけれど、チョッと首をかしげます。
この動員の人数の中には、モーニング娘のイベントに直行して、ステージを見て、モーニング娘のイベント限定グッズを買い、モーニング娘のステージ衣装の展示物や、写真などを見て帰る。といった、モーニング娘関係限定参加の人たちがたくさんいた。ということを考えなくてはいけないのではないか。と思ったからです。

と、今この文を書くまで思っていたけれど、書きながらチョット思い直しました。

モーニング娘のコントは、環境をテーマにしたものでした。
途中の、クイズやお話も環境がテーマでした。
私は環境について興味があるから、独身時代から環境のイベントに参加したことがあるけれど、こんなに、若い人がいたことは無かったです。(来ているのは参加企業の関係者か、環境に取り組んでいる団体に入っている人か、子供に環境を考えさせたい親子連れといったところだったと思う。)
今回は普段はまったくこんな環境のイベントには参加しないであろう、若い男性が大勢来て、モーニング娘による環境の話に聞き入り、モーニング娘とおそろいだという月桃という環境に良い植物(1鉢千円。モーニング娘の限定トレカ付き)を買い帰って行ったのだから、これで良かったのかな。と思い直したのです。

この、月桃(ゲットウ)は、本当にたくさんの人が買っていました。帰りの電車でこの不釣合いな植物を大事そうに持って帰る男の人たちを見て、長女は、「あの人、買ったものは床に置いているけれど、アレはちゃんと持ってるよ」と、耳打ちしてきたほど。モー娘と同じ香りで目覚めようと思って買ったんだろうなぁ

(7/10記入)
実は結果は7月はじめには出ていて、ハガキも、先週ついていました。
まあ、結果は、当然と言うか、落ちていました。
娘は、また違うのに受ける。と、気持ちを切り替えたようです。
ちなみに、お友達は合格! 
またお話を聞かせてもらえたら報告しますね。

コメント