子供の発熱、どうしますか?

前に書いたと思うのですが、我が家はめったに病院には行きません。
それと言うのも、病気に対して普通とは少し違う考え方をしているからです。

例えば、風邪を引いて熱や鼻水が出た場合。

「鼻水が出て苦しそうなので、何とかしてあげたい。」と思う気持ちは同じだと思うのですが、私と他の人では対応が違うのではないかと思います。

鼻水が出るということは、鼻水の素が体の中にあるわけですよね。
私はこの鼻水の素は、体の中には必要ないもの、かえって体の中にないほうが良い物なのではないか、と思っているのです。それで、体の中に無い方が良い物を体外へ出すため、体の防衛本能が働いて熱が出たり、鼻水が出たりするのではないのかな、と思っているのです。

ですから、鼻水や熱を抑えるための、薬や頭を冷やす行為はしたくないと思っています。
早く治って欲しいなら、体の働きにまかせる方が良いと言うことを何かで聞いたことがあります。
体が発熱させたくて発熱しているのに、無理にお薬で解熱させるというのは、かえって体に負担になるような気がします。

私は医学的な知識がないのでこれを読んでくれた人にこうした方がいいよ、と勧めることはしませんが、チョット考えてみるきっかけになってくれたら、嬉しいです。

以前母親セミナーで小児科の先生が言っていたのですが、小児科に来るお子さんで本当に医師の助けが必要なのはほんの一握りだそうです。
小児科医についてはテレビでも”大変な仕事だから小児科になる先生が少ない。”と言うことを聞いたことがありますが、たいした病気でなく、ちょっとした熱ならすぐには病院へ行かず、しばらく家で様子をみるようにしたら、小児科の先生の負担も減り、健康保険の負担も減り、とてもよいと思うのですが・・・なかなかそうはならない現状です。

これを読んでいる方からは”ちょっとした熱かどうか分からないから心配で病院へいくのだ”といわれそうですが、我が家の場合、骨折や歯医者以外は行く必要がない感じで今まで来ました。子供が4人いてです。

それと、一度お医者さんに”子供の高熱が何日くらい続いたら病院に行ったほうが良いでしょうか。”と相談したことがあるのですが、その時は「2日以上高熱が続いたら病院に行ったほうが良いと思います。」との答えでした。

実際、2日間以上高熱が続く場合はめったにはないと思います。
もちろん、私だって子供の様子を観察してちょっと変だな、いつもの熱とは違うな、と思ったらきっと病院に行くと思いますが、お蔭様で今まではそんなこともなく無事に来ています。

これはとてもありがたいことかもしれませんね。感謝。感謝。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする