学校に救急車

5週に一度の割合で小学校へお花を生けに行っています。
普通のお花を生ける場所は2階の玄関と校長室。あと、職員室と職員トイレの前には一輪挿しを生けています。

5週に一度と言うのは5人でローテーションを組んで生けているからで、今日が私の担当日だったわけです。

いつものように玄関で生けていたのですが、その時に急に「ゴンッ」とかなり大きな音がしたので見てみたら先生の足元に生徒が倒れておりました。

まあ、授業中に廊下をウロウロしている生徒に理由を聞こうとしたら逃げられそうになって捕まえようとしたら転んだ、といったところでしょうか。(見ていなかったのであくまでも想像)

かなり大きな音だったので、(早く保健室に連れて行けばいいのになぁ)なんて思いながらお花を生けていたのですが、なかなか行かない。

行かずに何をしていたかと言うと、生徒は仰向けのまま廊下に転がり、先生は「ごにょごにょ」と何やら小さな声で指導いるらしい様子でした。

しばらーく経ってからどうやら保健室へ行く様子が見えたところへ保険の先生が通りかかり、「どうしたんですか」とかいったような声が聞こえてあっちのほうへ行ってしまいました。

その後、バタバタあわただしくなり校長先生と保険の先生が通りすぎたりしたかとおもうと、救急車がやってきて、どうやらその子供と保険の先生が乗り込んだようすでした。(・・・・外まで見に行ったやじ馬です。)

まあ、たいした様子ではなかったけれど頭を打ったので一応病院に行ったのかな?

このときに感じた違和感。
廊下で保健室になかなか行かずに指導していた先生と、すぐに救急車を呼んであわてて乗り込んでいった保険の先生の対応の違い。

1年チョット前にこの学校では問題があって先生が1人辞めています。
その教訓を痛いほど感じていた保険の先生と、とっさのことで判断がうまく出来なかった先生との違いかな、と思いました。

学校の先生って、大変だね。

それにしても授業中廊下を歩き回る子供が多すぎ。
知ってる顔の子もいたので声をかけたけど返事はなし。
今の小学校って、どこもこんなんだろうか・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする