MOA児童作品展 受賞!

小学校に入学したら夏休みの宿題には必ずMOA児童作品展へ出品してきた我が家の子供たち。
その中からとうとう次女が特別賞を受賞させていただきました!

なんと、「子ども会賞」だって!
昨日そのお知らせのハガキが届きました。第一報はお電話で戴いていたのですが、なんとも嬉しいですね。

日本全国各地域で行われている”MOA美術館児童作品展”ですが、私の町の作品展では特別賞がたくさん(10以上!)あるんです。だから娘の絵が1番良かったとか言うわけではないのですが(1番は町長賞なので)、それでも特別賞になるって事は400点以上の中から十数点しかないわけで、やっぱり、スゴイ! 

この作品展は夫がスタッフで以前審査に立ち会ったりしたこともあるのですが、モチロン審査は厳粛にヒイキ無し。(当たり前ですが・・) 審査員の先生は近くに住む画家の先生と、町の中学校の先生です。

自分の子供の絵の時にはハラハラするようですが心を抑えて見守るのみ。
今回は審査には立ち会わなかったようですが、立ち会っていたら良かったのに~!

ところで、昨年は息子が金賞を受賞したことが刺激となり、長女も小学校最後の年ということもあって、長女はかなり気合を入れて頑張って絵を描いて、私も上手に書けたなぁと思ったのですが、長女は入賞しませんでした。思うようには行かないものです。

でも、結果を聞いて最初は落ち込んでいたような長女も昨日は一緒に喜んでいたので、私も内心ホッとしました。(まあ、長女はもう少しで30人31脚の予選があるのでそちらに気が向いているのかな?30人31脚の方もみんな一生懸命頑張っているようなので、ぜひ10秒の目標に向かって頑張ってほしいです。)

実はこの30人31脚の予選の日が児童作品展の展示の日なのです。いつもはいろいろお手伝いをするのですが、今年は長女の応援に行かなくちゃ行けないし、次女の表彰式の様子も見たいしと、ますます忙しい日になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする