芋ほり遠足に行ってきました

モモの通う保育園から親子芋ほり遠足に行ってきました。前日の夜まで台風の影響で中止だと思っていた芋ほりですが、朝起きてびっくり、雨はやんでこれからお天気も回復しますよ~ってな具合で、無事に行って来ることが出来ました。

モモの通う保育園では毎年年少さんはこの時期親子でいもほりに行くんです。
年中さんや年長さんは園児だけで行きます。

だから私が前に行った芋ほりは息子が年少だった4年前。
息子の時と今回は随分いろいろ違っていて、やっぱり園行事も毎年少しずつ進化していっているんだなぁと思いました。

おイモは自然農法の農場の方で作っていただいたものを、掘らせていただきます。
前日まで降り続いた雨で畑もグチョグチョ状態かと思って行ったのですが、畑って案外水はけがよいのか、普通にやわらかい土で、おイモを掘るにも大して苦労なく掘ることが出来ました。

みーんな必死に掘っていて見ていても楽しかったです。

まず、おイモのつるは農場の方が切っておいてくれたので、つるの根元を探し出しその周りの土を手でよけていきます。

そうしておいて、サツマイモが結構見えてきたらつるの根元をもってグググーッとたくさんのイモを一度に抜こうと上へ引っ張るのですが、結構掘ったつもりでもなかなかたくさんついたイモは一気には抜くことが出来なくて・・・。

そのうちイモがつるの根元で千切れたりして、それで引っ張るのはチョット諦めて1本1本イモの先っちょを持ってぐるぐるしてみたり、引っ張ってみたりしながらイモを掘っていきます。

何回か掘っていくうちにコツをつかんだのか絵に描いたおイモ掘りのようにつるを引っ張りたくさんのおイモを一度にズボズボッと抜くことが出来ました。

1つのつるにつながったたくさんのお芋を見てモモも得意げに周りのお友達に見せびらかしていましたよ。

一区画のおイモもをみんなで堀りあげ、掘ったイモを山積みにしてその前でみんなで記念撮影をしてきました。これが、親はばっちりカメラの方を見るんだけど子供たちはイモに隠れてうつらない子が居たり、泥んこ遊びをして顔が下を向いていたりとカメラマンの先生も苦労していたようでした。

お弁当を食べて、午後からは牛に触らせてもらったり、うさぎを抱っこしたり、ダチョウとかけっこをしたりと動物と触れ合ったり、とってもおいしいソフトクリームを食べたりして帰ってきました。