たこ作り教室

昨夜、長男と4番目をつれてたこ作り教室に行ってきました。
町主催で無料で参加できるので気軽に行くことが出来ました。

作ったのは彦一だこというたこで、たこには普通二本の長い足が付いていますが、彦一だこにはそういう長い足はなく、丸い足が付いています。

うーん、こういうときには写真があるといいですね。
アップの方法を調べておくことにします。

竹と和紙での本格的なたこなのですが、竹はすでに切ってくださっていたので、順番に作ることが出来ました。小学1年生の息子に作らせようと思っていったのですが、おまけで私も作っちゃいました。
私のはおまけのつもりだったのですが、作り始めると真剣になっちゃって、息子そっちのけで、作ってしまいました・・・。

息子のほうはと言うと、分からないことがあると「せんせーい」と、先生を呼んで教えてもらい、ちゃんと完成させていました。よかったよかった。

親が頼れないと思うと、子供はしっかりするものです。   なんて、いいわけですが。

さて、無事に出来上がったたこですが、今度は絵を描かなくてはいけません。
何の絵にしようかな。絵は得意ではないので模様にしようかな。いつの間にか私が作ったたこは息子のものとなり、息子の作ったたこは私が作ったと思い込んでいる4番目のたことなりました。(私のたこのほうが出来が良いと思ったのか、僕のたここっちね。と、息子が持っていってしまいました。君には自分で作った愛着と言うものがないのか・・・。と言いたいところではありますが、息子の作ったたこを息子のあげる私が作ったたこよりもあげてやるぞ。と、今から母jは燃えております。さて、どうなることか)

実は凧揚げ大会が22日にあって、手作りたこでの参加が条件なので今回作ったたこを持って大会に参加することにしました。せっかくだから、今回は作らなかったおねえちゃんたちの材料も昨日いただいて、みんなで参加することにしました。   勝手に参加を決めて2番目はごきげんななめでしたが・・・。
きっと、参加したら楽しくなって喜んでもらえるのではないかなぁと思うのですが、子供の気持ちは難しいものです。

で、22日までにお姉ちゃんたちにもたこの作り方を教えてあげて仕上げなくてはいけないことになりました。いつ出来るかな。    がんばります。