たこあげ大会

チョッと遅くなりましたが、たこあげ大会の報告です。
無事に残りの2つのたこを完成させて、子供4人を引き連れたこあげ大会に行ってきました。

大会は何人かのグループに分けられていて、4人は2つのグループに別れていました。
つまり、ひとつのグループに2人いるので、夫と私の両方がたこを持つ補助で2回とも出なくてはいけませんでした。(本当は1人ずつのほうが良かったなぁ。と思うのですが、そうはいかなかったですね。)

ですので、写真やビデオには収めることが出来なかったのですが、一生懸命走ってきました。
たこあげって、気が付くと夢中で走り回っているんですよね。日ごろ運動不足の私にはきつかった・・・。

昨年は風がまったくなく、あがるはずのたこもなかなかあがらず、とても苦労したのですが、今年少し風が吹いていたので良く揚がるたこが続出。
彦一だこというのは少しの風でもあがる仕組みになっているそうで、娘たちのたこも良く揚がりました。
お陰様で、娘2人は決勝にいくことが出来ました。

中でも長女は糸がなくなるまで良く揚がったため、長女担当だった夫は3位に入ると真剣に思っていたそうですが、残念ながら入賞しいなかったものの、満足そうでした。

一方次女は思い通りにいかず、ふくれっつらで帰ってきました。
楽しかったのだからいいと思うのですが、なかなか気持ちの切り替えが出来ないのです。 フーー。
なんとかしてあげたいのですが・・・。

夫に後から聞いたところ、たこの下のほうの糸を引き締めて風が下のほうを抜けるようにチューニングしたのだとか。それで予選では下のほうを飛んでいた長女のたこも決勝では良く揚がったそうです。そんなこときがつかなかったなぁ、たこあげはおくが深いです。