携帯開通たまごっち

去年の12月から長女が欲しがっていたたまごっちですが、ようやく手に入る事になりました。

娘が最初にこの携帯開通たまごっちの話をしたのは、12月の初めだったと思うのですが、クリスマスプレゼントに欲しいからよろしくね。と言った感じでした。

その時にはまだ、この商品がどんな販売方法をとっているかなんて知りません。
普通におもちゃ屋さんにいったら買えるものと思っていたのです。

ところが、いざ主人が買いに行ったときの事。お店のどこにもないよと言う電話に、じゃあ、品切れなんだね、なーんて言っていいながら、今回は別のものでガマンしてもらおう、ということになりました。

そしてお正月。たくさんもらったお年玉ですが、「今年は好きなものをひとつだけ買ってもいいよ、その代わり残りは貯金にしようね。」といっていたのです。それで、おじいちゃんたちとお店へ出かけていった娘ですが、やっぱりお目当ての携帯開通たまごっちプラスはありません。

お店の人に確認をしてくれたところ、「その商品なら発売日に30分で売り切れましたよ」とのことだそうでした。

よく聞くと、この携帯開通たまごっちは、限定販売で限定数が売り切れたなもう同じ商品は増産せず、新しいデザインの新商品を次々と(といっても1月に1回くらい)新発売していく、という販売方法なのだそうです。

新しいものに疎い私なんかはこんな販売方だとはまったく思いもよらなくて、ヒット商品とはこんなものかとすっかり感心したのですが、手に入らないと思うとなかなかあきらめが付かないものです。

アマゾンや、ヤフーオークション、トイザラスのオンラインショップなども調べたのですが、実際に商品は無いみたいで、あってもとっても高かったので買う気にはなりません。

で、この間のたこあげのたこ糸を買いに行った時についでにおもちゃ屋さんに聞いてみたのです。
「携帯開通たまごっちって、どうやったらかえますか?」と、まあ、そのまんまなのですがまあ、聞いてみようと思って。
そうしたら「どのくらい入って来るか分からないから予約は出来ないけれど、今月末に発売予定だから、発売の日に電話で確認してくれたらあったときにはとっておきますよ。」とのことでした。

それで今日電話で予約をした。ということなのです。商品は娘が帰ってきたら本人に買いに行かせようと思います。希望通りのミルクティーをお願いしておきました。喜ぶぞ~。

ところで、娘はとても欲しがっているのですが私としてはそれほどの商品でもないような気がするのですがいったいどうでしょうねぇ。うまく販売戦略に乗せられてしまったかな?