自然農法フリーク?

私は結婚前に自然農法のことについてほんの少し勉強したことがあるのですが、ちょうど結婚した頃は外食なんかしたくないと本気で思っていたくらいの、自然農法フリークでした。

今は自然農法という言葉を使うことも少なくなり、有機農法という言葉に代わってきていますが、昔ほどの気持ちは薄れてきています。
もちろん、買い物の時にはなるべく食品添加物の少ないものを選ぶようにしていますし、普通のお肉や卵は何だか買う気がしないことも事実ではあります。

が、一番違うのは、子供たちのおやつ。
本来は一番気にかけてあげなくてはいけない分野なのに、ついつい金額で選んでしまっています・・。

次は、どうしても食べたくなる外食!
ご飯を作るのがイヤなのです。以前は行きたくもなかった外食に、行きたくて行きたくてたまらない時があります。

何しろスパーに行っても何だか買いたくなるものがなくて、ついつい今日も、有機の納豆と豆腐しか買えなかった・・。  これって、一種の病気?  とおもいつつ、実際買うものといったらこんな感じです。(時々金額を見て何でも買っちゃえと言う気分になって買うときもあります)
買いたくなくて買わないのですが、いろいろ食べたいのに、買えないということは何だかつまらないものです。人間の気持ちと言うのは複雑なもの・・・。

で、自然食品のお店にも行くわけですが、こちらではたくさん買いたいけれど予算が引っかかってなかなか思いっきり買うという言うわけには行きません。
ちなみに、今日のお買い物は卵と、キャベツと、たまねぎで、1,000円以上しました・・・。

と、いつもこんな調子で冷蔵庫の中には卵とキャベツと納豆と豆腐に人参、田舎から送ってもらった大根と、お味噌。

冷蔵庫に入っていない食材ももちろんいろいろあるわけですが、毎日これで一体なに作れって言うの~。といった状態で、ご飯を作るのがイヤになるわけです。それで無性に外食に行きたくなると・・・。
実際外食に行った気になればいろいろな食材を買ってとんかつだろうが、お刺身だろうが買える訳ですが、結局は外食に行ってもそう考えてしまって心から喜べない自分がいるわけで・・。ぐるぐる回ってしまいます。

結婚当初はいろいろがんばって知恵を絞っていたわけですが、最近は何だか安易な方向に流れ気味です。シチューとか、どんぶりとか・・・。

こんな私って、何かがおかしいですよね。
本当なら食べたいものを買えば良いのです。

人間の気持ちって、本当、複雑です。