右脳教育 プリレッスン

右脳教育で有名な七田真さんの記事を見つけたので、メモしておきます。
記事は産経新聞2004年10月5日のものです。

プリレッスンと言うのは、普通のレッスンの前に行うレッスンという意味だそうです。
では、さっそくその方法です。

1.目を閉じて心を落ち着かせます。(30秒)

2.いつもよりゆっくり深い深呼吸を3回させます。
まず、8秒かけてゆっくり口から息を吐かせます。
続いて8秒かけて、鼻から息を吸います。(合計48秒)

3.その後、普通の呼吸に戻し、想像(イメージ)させます。

その時に「赤いりんごをイメージしてね。赤いりんごが見えてくるよ。見あたら手を上げて」
と言うそうです。ほとんどの子供がすぐに手を上げるとか。
これはどの子も2分と立たないうちにイメージが見えるようになるということを意味するそうです。
イメージが見えるようになったら、次はイメージを自由に使うことを学ばせると良いそうです。

イメージを自由に使うというところがいまいち分からないのですが、頭に思い浮かんだイメージをいろいろ動かしてみたり、その後どうなったかをイメージで考えさせたり、状況が良くなることイメージさせたりするといいのかもしれませんね。