亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、主にハムやベーコン、たらこなどに発色剤として使われます。
この亜硝酸ナトリウムが使われていないものはハムとは正式にはいえないくらいの定義になっていて、(実際には無添加ハムなどとして売られていますが。)赤っぽい色のモトです。

この亜硝酸ナトリウムがどうして良くないのか、というと、

魚に含まれている天然の物質「ジメチルアミン」と合わさると「ニトロソアミン」という発ガン性物質ができるから
魚とハムを一緒に食べる場合、胃の中で混ざって発癌物質が出来るということですよね。発癌物質を食べたくは無いですからね。

私が知っているのは上のことなのですが、他にもあるかな、といろいろ検索しました。
そうしたら、犬に食べさせたく無いものリストなるものに載っていましたよ。
もちろん食べさせたくは無いものでしょうね、でも現状で子供たちにばんばんハムやウインナーを食べさせていることを考えると・・・。
もちろん我が家は無添加を選んで・・・・・・ます。   正直に言うと普通のもたまに買うときもあります。

犬にも食べさせたくない危険物質。
なるべく入っていないものを選ぶべきです!