子供は親に似る

今日は4番目の保育園で年少の親子行事があったので行って来ました。

内容は簡単に言えば「ミニ運動会」
まあ、年少さんということで内容は本当に簡単なものでした。

4番目はたいてい保育園から帰ってくると、「今日もね、○○君jがね、髪の毛引っ張ったんだよ~」とか、「○○くんに蹴られたんだぁ。」 と言うのです。
それで今日は、その子の親はどんな親なんだ?よーく顔を見てやろう。
と思っていたわけですが、第一印象は向こうから挨拶してくれたりもして結構良くて、「あらっ」って感じでした。

ところで行事の間は保育園での初めての親子行事ということもあってか、結構ビデオをとっているお母さんが多かったですね。
途中で「せっかくの親子行事なので、親子のふれあいを大切にして欲しいからビデオはやめて、しっかりお子さんの顔を見て触れ合ってあげてください」との先生の言葉があったほどでした。

私はビデオやカメラを忘れて行ってしまったのですが、そんな先生の言葉の後にもまだビデオを撮り続けているお母さんがいて・・・・・。見てみると、あの○○くんのお母さんだったわけです。

なんだかちょっと納得してしましました。
その子はいつも先生から注意されても髪の毛を引っ張ったりを繰り返すわけですが、親もそうなのか、と。

でもね、そう思った後、いつもいつも言っても言っても言うことを聞かないうちの息子の母親である私も、自分では分かっていないだけの、やっぱり言っても言ってもわからんちんの頑固者なのかなぁ。と1人反省したのでした。