少子化対策

今テレビのニュースで日の出町のニュースをしていました。
なんと、12歳以下の子供がいる家庭に、毎月一人当たり1万円のクーポン券を発行するんだって。
日の出町って、一体どこよ!?

もう、そんなところがあったら引っ越したいくらい(*^_^*)
なんといっても我が家には4人の子供がいるんですから。

もしも我が家が対象者なら毎月4万円分のクーポン券ですよ!
私の住んでいる町もそうならないかしら? ぜひともお願いします! 町長さん!

ところで、結構住んでいるところによってそういうサービスって、違いますよね。
例えば地方自治体からいただける出産祝い金。
私の住んでいる町では赤ちゃんを何人産んでも1円ももらえないのですが、徳島県の相生町では第1子 30,000円  第2子 50,000円  第3子以降 200,000円 ももらえるとか、(ネットでチョット調べたので、本当のことかは自信がありませんが)
もしも通勤圏内に住んでいたら、引っ越していたかもしれません。(・・・いえ、絶対引っ越していました(~_~))

さて夢のような話はおいておきましょう。
現実にもありがたい制度はあります。どこに住んでいてもらえる児童手当の話です。

児童手当には所得制限がある事は私も前から知っていたのですが、一体その金額がいくらなのかは知りませんでした。それを今回の現況届けの提出の際に知ったのでここに書いておこうと思います。

 

扶養親族等の数 所得制限限度額 (万円)
0人
301.0
1人
339.0
2人
377.0
3人
415.0
4人
453.0
5人
491.0

厚生年金などの加入者の場合はしたの金額です

扶養親族等の数 所得制限限度額 (万円)
0人
460.0
1人
498.0
2人
536.0
3人
574.0
4人
612.0
5人
650.0

 

ちなみに、この児童手当の支給額は毎月 第1子には5,000円、第2子にも5,000円、第3子以降10,000円です。
現在は小学校3年生終了の3月までのぶんをもらえることになっています。

ちなみに、長女(6年生)の時は3歳になった月までしかもらえなかったんですよ。 そのうち小学校入学前までになり、3年生が終わるまでになり・・・。どんどん長くなってきて、次女(4年生)はきっちり3年生の終了まで頂きました。丁度次女が3歳になった時に小学校入学までになり、小学校に入るときに3年生終了になるまでになり、と、公明党のお偉いさんの孫が同じ年齢にいるんじゃないかと思ったくらいのタイミングで引き上げられ、ありがたいことだと思っています。

児童手当は認定請求書を提出して市区町村の認定をうけないと支給を受ける権利は発生しないので、子供が生まれたら忘れずに認定請求書を提出しましょうね。

つぶやき・・・・・
受け取ることの出来る期間ですが、9歳になって最初の3月31日までとなっているのですが、4月1日生まれの子は4年生になってももらえるんだろうか、なんておもったりして・・・。やっぱりあたしゃぁ、ケチだねぇ。