カブトエビ見せてもらいました!

今日はかねてより見たいと思っていた「カブトエビ」なるものを見せていただきに行ってきました。

場所は息子のお友達の家です。

何でも学研の付録の話から育てることになったのだとか。

つぶらな瞳でふわふわと泳ぐ  姿に癒されました。
名前は「ピーチちゃん」ですっ  て。

半透明でなんとなく向こう側が  透けて見えそうです

でもうんちは黒っぽくて不透明  でした。

小動物って、ホント癒されます。
気がつくとボーっと見つめてしまっていました。

最初はものすごーく小さかったんだって。それが約2.5センチに成長していました。
いつも足が波打っていて、その力で自由自在に動き回れるようでした。あっちへゆらゆら、こっちへゆらゆらと、意思があって動いてるのか、適当に動いているのか、とにかく動き回っていました。

このカブトエビのピーちゃん。私が見たいのもあったのですが、(息子に見せるときっと喜ぶだろうな、)と思い、息子は学校帰りに直接お友達の家へ直行。その後私もそのお宅へ行って、おまけに途中で保育園から帰ってきた娘も合流させてもらってお邪魔したのでした。

喜ぶだろうと思っていた息子は、最初見たときには喜んだのかな?私が行ったときにはお友達と遊ぶことにすっかり夢中で楽しそうに遊んでいました。 でも遊んでいる途中で時々ピーチちゃんを見に来ていましたよ。

ところで、今日は昨日とはうって変わって暑かったのですがこのお宅ではなんと縁の下からの冷風をお部屋に送り出すシステムがあり、この風が実に冷たくって気持ちよかったです。特にお風呂上りなんか最高だろうなぁ、なんて思いましたよ。

世の中冷風扇なるものがはやっているようですが(私はなんとなくこの冷風扇というものは湿気をばらまいているイメージがあって好きではありません。ただの私の思い込みかもしれませんケド・・・。)きっとそれに負けないくらいの冷たい風だと思います。

アレはいいシステムだと思いました。 超ドケチの私でもあんなシステムがあったらきっとフル活用していると思います。 (ちなみに我が家にあるプロパンガスで温めるタイプの床暖房。ランニングコストを考えてしまってなかなか稼動させることが出来ません(-_-;) 。 何しろ1時間200円くらいするらしいのです。違ったかな?)

およそのおうちって、いろいろ珍しくって、楽しいものですね。ありがとうございました。