娘のカミングアウト

昨夜上の娘2人がコソコソと話あっているので「なになに?」と聞いてみた。

そうしたら、「ナイショー」との返事。
子供はだんだん難しいお年頃になってゆくものだ。

まあ、あんまりしつこくしても言う気がないならしょうがない。とあきらめかけていたところ、またコソコソしながら「いいじゃん。」「いいか。」などと聞こえてきて、ナイショだよ。との前置きのあとに「私彼氏が出来たんだ」と、長女が耳打ちしてきた。
(どうやらすぐ近くにいる息子には聞かせたくないらしい)

「へー。だれだれ?」と聞いてみたが、これには「ひみつー。」と返事が帰ってきた。
まあ、しょうがない、そのうち言いたくて仕方がなくなって言ってくるだろう、と思い引き下がる。

それにしても小学校6年生で彼氏とはねぇ。
何だか早い気もするが、「あなたには早すぎます!」なんていうこともないか。

まあ、なんとなくそうかもな。というフリはあったのでそんなに驚かなかったけれど。これからますます親としては心配になってくるゾ。
なんてったって、娘たちの愛読するマンガでは、好きな人ができたら、告白して付きあう。という流れが主流で、恥ずかしくてなかなか告白できないなんて主人公はまずいないのだから。

まじめに付き合うんだよ、って言うのもこっちとしてはそんな心配まだいいのかな。とも思うし。
なかなか何と言っていいのかわからずその話しは終わり。

その後2人で無料オンラインゲームのチャットで盛り上がっていたので、「そういうのはどんな人が相手か判らないんだから、もうやめなさいよ。常識の通用しない人だっているんだよ。」
と言ったら、次女はもう少しやりたそうだったけれど、長女の方は「わかった、このキャラ封印するよ。」と言っていたので、ほんの少し安心。 問題は怖いものを知らない次女のほうかも知れない、とも思う。

子をもつ親としては何だか心配の多い世の中で、もっと事前にいろいろ考えておいたほうがいいのかな、なんて。普段思わないようなことを思ったりもしたのです。