今ドキの子供のケンカの理由

今日、息子の友達が家に遊びに来ました。

しばらくは家の中でゲームをしていたのですが、どうやら外で遊ぶ事になったらしく3人で外に出ていきました。

そしたら外から何やら言い争う声が聞こえてきます。
友達の「お前がずるしたからダメなんだぞ」との声とか、「もうお前と遊んでいても楽しくないから帰れ!」という息子の声とか・・・。(おいおい、帰れなんてヒドイんじゃないかい。)なんて思いながら聞いておりました。

子供のけんかに親が出るな。
みたいな言葉が頭を回ります。

でもね、「帰れ!」と言われて何やらますますヒートアップしたお友達の様子。
家の中にあるゲームを取りに来たその子に、「どうしたの?」と穏やかに聞いてみると、「○○(息子のこと)がずるしてね、」なんて言うので、玄関にいる息子のところに行って何があったのか聞くことにしました。

すると息子は「ずるなんてしていないよ」と言い張ります。

なので、その子によく話を聞いてみると、「ボールで遊んでいたらね、僕は一回けったら交代したのに、○○は、一回蹴ったボールが戻ってきたからって、2回も蹴ったんだよ!」と興奮して言うのですが、私にとっては「???・・・。」どうしてそれがずるなのか聞いてみたかったのですが、自信満々に訴えるのでそういう価値観だと受け止めるしかなさそうな雰囲気でした。

なので話の矛先を「帰れ!」と言ったことに向けて「さっき帰れって言っていたでしょう、そんなことお友達に言ったらダメでしょう、そのことを謝りなさい。」と息子に言ったところ、友達の話に不服そうにしていましたが、しぶしぶ、「ごめんね」と誤っておりました。

そして、「2回蹴ったことがけんかの理由なら、お友達に次は2回蹴らせてあげなよ。」というと、「僕はそういったんだよ」と言うではないですか。

それならもう息子に言うことは私としてはないのです。が、しかしねぇ。ケンカの様子を聞いていたら、完璧息子が悪く聞こえました。ちょっときいたら息子がずるをしていきなり帰れと怒鳴ったんですからね。ホントに、そんなに短気にならずに静かに対応出来ないんだろうか。短気は損気という言葉、よく当てはまります。

それにしても、ボールを蹴っていて、蹴ったボールが失敗して自分のところに戻ってきてしまったらもう一回蹴るなんてごくごく当たり前のことですよね?それで大喧嘩ですから、最近の子供のけんかには親も出たほうが良さそうです。

その後、まあ、家に入ってお茶でも飲みなさいよ。と、「どっちもどっちだよ」と言っていたお友達も入れて3人に冷たいお茶を飲ませてあげると、さっきのケンカはなかったように3人で仲良く遊びだしたのでした。

どっちもどっちと言ったお友達はとても冷静。うちの息子もそのくらい冷静になって欲しいものです。