お祭り第一弾

今日は町のお祭り1日目。
息子が所属するサッカークラブからの参加です。

内容は音楽に合わせて子供たちが踊り、その脇を親が一緒に歩きながら列の乱れを注意して行くといった感じでした。

今日は参加するだけなので気が楽でしたよ~。言われるままに渡されたユニホームを着て光るうちわを持ち一緒に歩くだけだもん。

サッカーチームの踊りは基本の踊りとは少し違っていて、「なんだかこっちの方がいいんじゃないの~。」と思うほど。息子は見ていると、とってもやる気なさそうに見えたけれど、きっと彼の気持ちの中では結構一生懸命やってるんだろうな、と感じました。(周りのみんなよりも進み具合が早くなってしまって列を乱し、いろんなお母さんに注意されていたケド、アンタ聞いてんのッって言いたくなるくらいボーっとしているように見えた。)

でもねぇ、踊りが終わって解散になったとたん、踊っている途中で見つけたお友達(女の子!)のところに行くってうるさくってね、踊りながら何チェックしてるんだか・・・。ボーッとしているようでちゃんと周りが見えていたらしい。あんまりうるさいから引き返して行ってみたけれど、もうお友達はいなくてがっかりしてました。

その後お祭りは続いたんだけど、子供たちが「もう帰る」というので後ろ髪を引かれながら帰ってまいりました。

さて、問題は明日。
明日は地域の子供会からの参加で、子供会の世話役(オマケにお祭り担当)としての参加なのでなんだか緊張!
手に持つマラカスを明日渡した途端に子供が割るんじゃないか、とか、ハッピに付けたモールが雑に縫いすぎて取れちゃうんじゃないかとか、何か忘れ物があるんじゃないかとか。さすがの私でもいろいろ心配になります。
まあ、心配してもしょうがないんだけどね。とにかく名簿だけは忘れないように気をつけよう。