地方公務員って結構忙しい?

4月から無事に地方公務員として働いている息子です。

ギリギリ合格した話はこちら↓

息子の地方公務員就職活動の結果。
4月から近くの地方公務員の採用試験を受けていた我が家の息子です。 おかげさまで7月にあった最終面談まで無事にこぎつけることが出来て、その結果待ちでしたが、結果を言うと「補欠合格」でした。 7月の末に補欠合格の結果のお手紙が来まし...

親としては心配事は絶えませんが、何とか毎日仕事へ行っているようでホッとします。

でも、公務員って結構大変なんだなぁと思う事が多いです。

でもそういうのは息子が所属している科だけかもしれませんね。

 

例えば・・・

どこまでが本当か、息子から聞いた話なので分かりませんが。。。

普段は電車通勤の息子ですが、今日はいつもよりも遅くまで残業があるからと言ってバイクで出勤することがあります。終電前に帰れないそうです。(地方なので終電時間はそれなりです)

そんなに働いても残業手当は付かないと言っていました。

あんまりしつこく聞くとうるさがられるので確認していませんが、もしかしたら月に何時間までという風に残業手当を付けても良い時間が決まっているのかもしれません。

もちろん、早く帰ってくる日もたま~にありますよ。

 

休日出勤が結構ある

今までの息子を見ていると、月に1回以上休日に河川敷の清掃とか、お祭りのパレードの参加とかで、出かけていきます。

オマケに新人研修の発表のための集まりとかが日曜日にあったりして。

それに今度の選挙の日は出勤です。

一般人なら選挙管理のバイトがあります、そのバイトには日当が支払われてお弁当も出ますが、職員は手持ち弁当だそうです。

もちろん、休日出勤の代休はありません。

 

飲み会が多い

やっぱり科によるのでしょうが、金曜日の職場の飲み会が多いです。

毎日遅くまで残業をすることが多いのに、皆さん元気ですね。

最近そんな職場が減ってきていると思っていたら、まだまだ残っているようです。

そういえば、飲み会の前の日は飲み会に備えて、ノー残業デーの前後にはノー残業デーに残業しないために、結構遅くまで残業があるようです。

もちろんノー残業デーでも残業のある日もあります。

 

イベントが多い

あまり残業が無い科もあるそうで・・

その方々が暇だからか、結構イベントを企画するそうです。

なので、何とか大会みたいなのに参加しなくちゃいけないそうです。そして、その大会へ参加しなかったら参加させなかった部署が悪いと言われてしまうので仕事が忙しくても参加しなくちゃいけないそうです。

 

さて、どこまでが本当かわからない息子の話ですが、実際に休日にも仕事に出掛けているのは事実です。

やっぱり息子が合格するような部署はそれなりという事でしょうか。

競争倍率も普通の事務に比べたら低かったですからね、もしも普通の事務の方を受けていたら合格することは無かったと思います。

公務員なら休日に休める、とか、残業はそれほどないだろうとか思って受けたと思うのですが、実際にはそんなことは無かったと知った息子。

さてさて、息子は仕事を辞めずに続けることは出来るでしょうか?